第13位

カラーリング
鈴井 匡伸

インディーズゼロ/ディレクター
審査員得点合計:12点 一般得点合計:40点(第18位)

 PERACON2014では「アミーバ」で第25位となっている有限会社インディーズゼロの代表、PERACON審査員も務めている。グラフィックは社員デザイナーに書かせたとかww。

 投稿者コメント:思いついたタイトル名の響きにつられて詳細を検討しました。検討中は、金沢21世紀美術館の「カラー・アクティヴィティ・ハウス」を思い出しました。言語に依存しないゲーム作りは将来のテーマです。三原色をテーマにしたゲームもいつか本当に作ってみたいです。

【三上 浩司】シートのレベルは高いです.RGBのリングはそもそも何なのでしょう?この世界と整合性があるような設定に感じられないのが惜しいです.二つ重ねると別な色になってというのもいいと思いますが,このリングの存在がどうしても不条理に感じてしまいました.

【薗部 博之】やや説明不足。

【河上 京子】楽しくてかわいくできるかもー

【岸本 好弘】絵がいい。ARにするのも面白いね。

【南治 一徳】絵はかわいいので、アクション部分でもう一息、工夫があれば

【飯田 和敏】絵の好感度高い! 3原色の合成から7種類の色を使うという点もデジタルペイントを嗜む人にとってはいいと思う。その反面、嗜まない人にはどれだけ訴求するか、が課題かも。

【山田 倫之】単なる囲うタイプではなく、色の三原色をつかったアイデアはなかなか。3色重ねる言及はあったが、2色は?

【馬場 保仁】ゲームは、わかりづらいが、絵が可愛い

【平魯 隆導】「3色のリングを重ねると新しいクリンが…」の説明がうまく理解できませんでした。操作方法が特殊なゲームデザインになっているので、特にそう感じたのかもしれません。不明な点はたくさんあるものの、それを読み手の想像力で補わせるだけのクリエイティビティ溢れる企画だと思いました。遊んでみたいです。

【中村 隆之】

【岩谷 徹】

【田中 瑞枝】

【小谷 浩之】かわいい

【細山田水紀】もう少し遊びの部分の説明がほしかったです!画的に楽しげです!

【簗P 洋平】ビジュアルはとても良いが、メカニクスにジレンマがないのが弱い。惜しい。

【横山 裕一】うーん、読み返したなんとかわかった!でもね、このゲーム背景もリングも両方動かせるから、その時点でゲームとしては破綻仕掛けているんだよね。惜しいなぁ。

【海道 賢仁】ビジュアルはすごくよいですね。ただ探すだけなのが残念。色リングで色が変わって見えることで能力解放とか工夫がもうちょっと欲しい印象です。

【下田 賢佑】おしい。RGBに分けたことで単に面倒さが増してるだけです。雰囲気は良いんですけどねえ。

【塩川 洋介】タップでリングを移動させながらスワイプで背景を移動…というのが、感覚的にちょっと難しそうだなと感じました。

【遠藤 雅伸】ギミックをリング状にしたグラフィックアドベンチャー。シートは中々の出来だが、デザイン主導であってメカニクスには詰めの甘いところがある。