セッション一覧

ビジネス&プロデュース

公募 ビジネス&プロデュース   タイムシフト配信:あり

消費者のゲームアプリとの関わり方を紐解く 〜複数のゲームアプリログデータを対象とした利用状態解析とその応用〜

日時 : 8月31日(木) 11:20〜12:20
形式 : レギュラーセッション
プラットフォーム : モバイル
難易度 : 辛口(ある程度の経験がある人へ)
写真撮影 :
SNS公開 :
資料公開 : 後日CEDiLにて公開予定です
受講スキル
・ ゲームアプリの開発やマーケティングの経験・関心
・ ゲームデータの解析事例や活用方法への興味
受講者が
得られるで
あろう知見
・ 時系列での複雑な行動状態を定量的に表現するアプローチ
・ 複数アプリの利用状態が、継続や課金行動に及ぼす影響
・ 今後のゲームアプリマーケティングの実践方法

セッションの内容
ある1つのアプリ内におけるユーザ行動については、これまでにも数多くの分析事例があり、様々な観点から議論されてきました。しかし、どのようなアプリ同士が組み合わせて利用されているのかや、どのようなアプリ間で流入出が起こっているかなど、複数アプリを対象とした場合のユーザ行動をログデータから明らかにした事例はまだ少ないです。

そこで我々は、同一デバイスにおける、複数アプリの起動や課金イベントが記録されたマルチイベントログデータに対して,スマホゲームアプリの利用状態の遷移解析を実施しました。本講演ではその解析を通して得られた知見や、実際のアプリマーケティングへの応用方法をお話しさせていただきます。講演の内容は以下の3つのテーマに分けて、順を追って解説していきます。

・複数アプリを考慮したアプリ利用状態の定義方法の提案
・アプリ利用状態と、課金や継続などのアプリ内行動との関連性の分析
・分析から得られた知見をアプリマーケティングへの活用する方法

講演者プロフィール

西口 真央

西口 真央
株式会社メタップス
データインテリジェンス統括部
経歴:
■略歴
1987年、奈良県生まれ
大阪府立大学で経営学、同大学院で経営情報論を専攻 博士(経済学)

2013年 株式会社ドリコム サービスイノベーション部 入社
2015年 株式会社ハウテレビジョン データ解析本部 入社
2016年 株式会社メタップス データインテリジェンス統括部 入社

■講演歴
CEDEC2014 「ユーザ行動ログに基づく、リアルタイム対戦のロジックの作成と効果検証」
《講演者からのメッセージ》

ビックデータを活用したアプリマーケティングや、データ解析技術のビジネス応用に興味のある方をメインに、多くの方のご参加をお待ちしております!

共同研究・開発者

有井勝之(株式会社メタップス データインテリジェンス統括部)
鳥海 不二夫(東京大学大学院 工学系研究科)

スポンサーリンク

CEDECにご協力頂いている企業の一覧です。

関連リンク

PERACON2017 CEDEC+KYUSHU 2017 CESAゲーム開発技術ロードマップ2016 ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査 2017 東京ゲームショウ2017

CEDiL

CEDiL

CEDiL CEDEC Digital Library は、過去にCEDECで行われた講演の資料アーカイブです。

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル CEDECチャンネルYoutube版