セッション一覧

エンジニアリング

公募 エンジニアリング ゲームデザイン  タイムシフト配信:あり

キャラクターらしさ学習AI: 多数のキャラクターの個性や違いの可視化によるシナリオライティング支援システム事例

日時 : 9月1日(金) 15:20〜15:45
形式 : ショートセッション
プラットフォーム : モバイル
難易度 : 辛口(ある程度の経験がある人へ)
写真撮影 : 不可
SNS公開 :
資料公開 : 後日CEDiLにて公開予定です
受講スキル
・シナリオライティングや、シナリオの監修に興味がある方
・テキスト分析を行うAIに興味がある方
受講者が
得られるで
あろう知見
・各キャラクターの個性を機械学習する具体的な手法
・シナリオライティング支援ツールを導入したことにより、新人育成や監修業務がどのように効率されたかの具体的な事例

セッションの内容
ゲームの開発・運営において、魅力的なキャラクターを表現するシナリオは極めて重要です。しかし、新人からベテランまで異なる熟練度のライターチームが組織的・効率的に一貫性を持ってシナリオを執筆することは容易ではありません。そこで、弊社ではシナリオ文におけるキャラクターらしさを、その「話し方・口癖」と、「発話内容・好む話題」の2つの側面から学習するAIと、そのAIを利用するライティング支援システムを開発しました。これにより、新人育成における監修者の負担を軽減し、効率化を実現しています。本セッションでは、キャラらしさ学習AIの詳細と実際にトレーニングツールとして導入した際に得られた知見を紹介します。

講演者プロフィール

都築 圭太

都築 圭太
株式会社Cygames
Cygames Research
リサーチャー
経歴:
2015年に新卒として、株式会社Cygamesに所属。30本を超えるミニゲームを取りまとめる部署のエンジニアリーダーを務めた後、2016年よりCygames Researchにて研究開発に従事。現在は主にゲームのテキストデータを対象とした自然言語処理技術の開発に取り組んでいる。
《講演者からのメッセージ》

キャラクターを個性豊かに表現する台詞文のライティングには、高度な熟練とセンスが要求されます。私たちは、このような台詞文のライティング支援ツールとして、台詞テキストに込められたキャラクター「らしさ」の要素を、「話し方」と「話の内容」の両面から可視化するデータ分析システムを開発し、試験段階ではありますが実際に運用を行いました。本講演では、システムの開発及び導入に際し得られた知見をお話しします。シナリオの執筆を行う方から、テキスト分析に関心を持つエンジニアの方まで幅広くご参加ください。

スポンサーリンク

CEDECにご協力頂いている企業の一覧です。

関連リンク

PERACON2017 CEDEC+KYUSHU 2017 CESAゲーム開発技術ロードマップ2016 ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査 2017 東京ゲームショウ2017

CEDiL

CEDiL

CEDiL CEDEC Digital Library は、過去にCEDECで行われた講演の資料アーカイブです。

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル CEDECチャンネルYoutube版