セッション一覧

エンジニアリング

公募 エンジニアリング ビジュアル・アーツ  タイムシフト配信:なし

【講演キャンセル】World War Toons !! ― UE4を用いたVR/NonVR両対応オンラインシューティングゲームの作り方 ~ゲームエンジンと上手に付き合うには~

日時 : 9月1日(金) 11:20〜12:20
形式 : レギュラーセッション
プラットフォーム : コンシューマ
難易度 : 辛口(ある程度の経験がある人へ)
写真撮影 :
SNS公開 :
資料公開 : 後日CEDiLにて公開予定です
受講スキル
VRゲームに興味がある方、開発している方。VRシューティングゲームの実例が知りたい方。
UE4に興味がある方、実際に採用して開発している方。UE4を採用するかどうかを検討中の方。
受講者が
得られるで
あろう知見
VRゲーム、特にVRシューティングゲームを開発する際に当たってのノウハウ。
UE4を使ったVR/NonVR両対応ゲームを作る上でのヒント、エンジンコードを変更するメリット/デメリットについての知見など。

セッションの内容
【本セッションは講演者の都合によりキャンセルとなりました】
World War Toonsは、北米でのPlayStation®VRラウンチタイトルの一つとして2016年10月にPlayStation®Store‎でオープンベータを開始したオンラインマルチプレイシューティングゲームです。
全てのゲームプレイを、VR/NonVRの両方でプレイする事が出来ます。
開発を行っているStudio Roqovanは、2014年にアメリカLos Angelesで創業したVRスタートアップです。
このセッションでは、VRシューティングゲーム作る際に得たノウハウや知見、それからスタートアップの小さなチームで、どのようにして効率よくVR/NonVR両対応を行ったのかを紹介します。
開発にはUE4を採用しています。ゲームエンジンの利点を最大限に活用しつつ、ゲームの目的に沿うために行ったエンジンコードの変更、また後々のエンジンバージョンアップ時の問題点等についてもお話します。
日本未発売のタイトルのため、ゲームプレイトレーラーへのリンクを紹介させていただきます。
https://www.youtube.com/watch?v=krcCh-gNN3M

講演者プロフィール

長島 幸司

長島 幸司
Studio Roqovan
Code Team
Lead Engine Programmer
経歴:
SQUARE USAホノルルスタジオでCGプログラマーとして、Final Fantasy Movie, Animatrixなどの映像製作に携わる。
その後は、3Dグラフィックスやネットワーク、UE3/4, CE2などのゲームエンジン改造をメインタスクとして、Hawaii - Los Angeles - 東京 - SF Bay Areaなどを流転しながらゲームやバーチャルワールドの開発に携わる。
2015年Studio Roqovan入社。グラフィックス周りやUE4のエンジン改造/メンテナンスなどを担当。
《講演者からのメッセージ》

小さなスタートアップチームでゲームエンジンを駆使して出来るだけ早くVRゲームを開発したい!!、という願望(?)は万国共通です。
日本ではあまり語られる事のない、アメリカの小規模スタジオの開発事例をお話ししたいと思っています。

スポンサーリンク

CEDECにご協力頂いている企業の一覧です。

関連リンク

PERACON2017 CEDEC+KYUSHU 2017 CESAゲーム開発技術ロードマップ2016 ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査 2017 東京ゲームショウ2017

CEDiL

CEDiL

CEDiL CEDEC Digital Library は、過去にCEDECで行われた講演の資料アーカイブです。

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル CEDECチャンネルYoutube版