セッション一覧

サウンド

公募 サウンド プロダクション  逐次通訳 タイムシフト配信:あり

ダイアログ プロダクション ワークフロー Dialogue Production Workflow for Games

日時 : 9月1日(金) 13:30〜14:30
形式 : レギュラーセッション
難易度 : 中辛(この分野の初心者へ)
写真撮影 :
SNS公開 :
資料公開 : 後日CEDiLにて公開予定です
受講スキル
ゲームやゲーム開発の基礎知識をお持ちの方ならどなたでも
This talk assumes a basic knowledge of games and game development.
受講者が
得られるで
あろう知見
膨大な量の台詞でも、キャラクターが話す言葉の一つ一つを細部に渡り丁寧に収録してあるということをプレイヤーが感じるような収録方法の知識。

Gamers should feel like someone cared about every word spoken by a character in a game, even when there are tens of thousands of lines.

セッションの内容
このセッションでは、最新のゲームに要求されるハイクオリティで膨大な量のボイスパフォーマンス時におけるクリエイティブでテクニカルな、尚且つロジスティカルな面での挑戦について検討する。
その中で、台本、データベース、キャスティング、レコーディングテクニック、収録セッションの進め方、パフォーマンスキャプチャーなど、その他、全プロダクションパイプラインを検証していく。
また、どの台詞も必要な音声だとプレイヤーが感じてくれるよう、大きなタイトルの対処法や上手に組織化するプロダクションテクニックなどを紹介する。

This session will look at the creative, technical and logistical challenges brought by the large amount of high-quality voice performance required by modern video games. We’ll go through the whole production pipeline, looking at scripts and script databases, casting, recording techniques, running recording sessions, performance capture, and more. Throughout, we will look at how to reconcile large-scale, well-organized production techniques with the need to make players feel like every line in the game is there for a good artistic reason.

講演者プロフィール

Tom Hays

Tom Hays
Rocket Sound
President
経歴:
トム・ヘイズはゲームに特化した音声やローカライズサービスを提供する Rocket Sound LLC の創始者。
彼が携わったタイトルには「Gears of War」、「 Halo」、「 Uncharted」、「 Guitar Hero」、「 Final Fantasyシリーズ」、「 Ratchet & Clank」、「 Mass Effect」「 Spider-Man」、「 Call of Duty」、「 Delta Force」、「 Myst」などその他多数に及ぶ。
Rocket Sound を立ち上げる前は、テクニカラーにて主要メンバーとゲームサウンドサービス部門を8年にわたり運営。2007年と2010年のMPSE Golden Reelsを受賞を初め数々の賞を受賞。
それ以前はTreyarch、 NovaLogic やRocket Science Gamesでオーディオディレクターを務め、サウンドエフェクトやミキシングに特化した最初のスタジオ、Big Soundを設立した経歴を持つ。
University of California at Berkeleyを卒業。また Hampshire College や the Institute of Audio Research にて学ぶ。

Tom Hays heads up Rocket Sound LLC, a company providing sound and localization for games. During his 25 years in interactive media, Tom has worked on franchises including Gears of War, Halo, Uncharted, Guitar Hero, Final Fantasy, Ratchet & Clank, Mass Effect, Spider-Man, Call of Duty, Delta Force, Myst, and numerous others.
Prior to forming Rocket Sound, Tom and his core team ran Technicolor’s Game Sound Services team for eight years, winning numerous awards including MPSE Golden Reels in 2007 and 2010. Before coming to Technicolor, Tom was Audio Director for developers Treyarch, NovaLogic, and Rocket Science Games, and also founded Big Sound, one of the first businesses focused on sound effects and mixing for the interactive market.
A graduate of the University of California at Berkeley, Tom also studied at Hampshire College and the Institute of Audio Research.
《講演者からのメッセージ》

このセッションでは私達がアメリカ国内で行っている大きなタイトル向けの英語ベースや、日本語から英語への音声収録の方法をお話ししたいと思います。日本とアメリカの収録方法の違いを比較し、いろいろ情報交換ができたら良いと思っています。

We look forward to discussing ways that we do dialogue production for large games in the US, both for original titles and for Japanese-to-English. We find it fascinating to compare our systems with the ways that things are done in Japan, since we feel that there is much that we can teach each other.

ローガンアユミ

ローガンアユミ
Rocket Sound
経歴:
元Technicolor Interactive Services のゲームオーディオ部門に所属。その後、元Technicolor の主要メンバーと共にゲームに特化したLAでは唯一日本語で対応可能なボイス収録スタジオ、 Rocket Sound, LLC をスタートする。現在、ローカライズのマネージメントとビジネスディベロップメントを同時展開中。
《講演者からのメッセージ》

最新のLAの収録スタイルをこのセッションで知ることにより、日本の収録スタイルとの違いや良い点など、いろいろ受講者の方にプラスになる発見になればいいなと思います。

スポンサーリンク

CEDECにご協力頂いている企業の一覧です。

関連リンク

PERACON2017 CEDEC+KYUSHU 2017 CESAゲーム開発技術ロードマップ2016 ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査 2017 東京ゲームショウ2017

CEDiL

CEDiL

CEDiL CEDEC Digital Library は、過去にCEDECで行われた講演の資料アーカイブです。

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル CEDECチャンネルYoutube版