セッション一覧

ビジュアル・アーツ

海外招待 ビジュアル・アーツ   同時通訳 タイムシフト配信:あり

実在感のあるヒーローづくり   Creating a Believable Hero

日時 : 8月31日(木) 11:20〜12:20
形式 : レギュラーセッション
難易度 : 辛口(ある程度の経験がある人へ)
写真撮影 :
SNS公開 :
資料公開 : 後日CEDiLにて公開予定です
受講スキル
事前の知識を必要とせず、アーティスト、アニメーター、デザイナー、プログラマー、作家など、キャラクターづくりに興味のあるゲーム開発者

This talk doesn’t require any previous knowledge and is for any game developer interested in creating characters: artists, animators, designers, programmers, writers, etc.
受講者が
得られるで
あろう知見
ゲームプレイヤーに実在感のあるヒーローを提供したいと希望しているゲーム開発者に、ガイドラインとアプローチのいくつかを提案します。 実在感のあるヒーローづくりに役立ついくつかのテクニックとプロセスを得ることができます。

Creating a believable hero will propose some guidelines and approaches for game developers with a desire to create a hero that will feel real to the player. The audience will gain some techniques and processes that will help them create a believable hero.

セッションの内容
このセッションでは、あらゆるスタイルのアートに適用できる実在感のあるヒーロー(英雄)のキャラクターを作り出すプロセスの始めから終わりまでをカバーします。ヒーローとその歴史上の意味を、神話や大衆文化の例を取り上げて説明します。 ジョセフ・キャンベル(注:米国の神話学者)の「ヒーローの旅」を参照して、ヒーローのドラマチックなアーク(注:アーク=弧、話がすすむにつれてヒーローにおきる内面的な変化、人間的成長、価値観の変化)と裏話をつくりあげる構造についてお話しします。 ヒーローをビジュアル化するプロセスについて、シルエットから完成したデザインのステップをララ・クロフトや他の例を使い説明します。 最後に、才能ある共同制作者、モデラー、アニメーター、俳優たちが、あなたの創造したヒーローに命を吹き込んでくれることの価値について検討します。

The discussion will cover a beginning to end process of creating a believable character and can apply to any style of art. The discussion begins with some context to heroes and their place in history, with some examples from myth and popular culture.  Joseph Campbell’s hero’s journey will be referenced as a structure for building a dramatic arc and backstory for a hero. The process of visualizing the hero will be described in steps, from silhouette to finished design using Lara Croft and an example. Finally we will discuss the value of talented collaborators, modelers, animators, actors to help breathe life into your creation.

講演者プロフィール

ブライアン・ホートン

ブライアン・ホートン
INFINITY WARD
Creative Director
経歴:
ブライアンはInfinity Wardのクリエイティブ・ディレクター。 ゲーム業界21年のベテランです。 ディズニー、ドリームワークス、EA、ルーカス・アーツ、コナミ、アクティビジョン、スクウェア・エニックスなどが彼のクライアント。 ブライアンは、Rise of Tomb Raiderのゲームディレクターを務め、Call of Duty Infinite WarfareとTomb Raider 2013のスタジオ・アート・ディレクター、そしてSilent Hill Homecoming、Marc Ecko's Getting Up、Indiana Jones and Emperor's Tomb、Clive Barker's Undyingではリード・アーティストをつとめました。 ブライアンは、Savannah College of Art and DesignのBFA(美術学士)を取得し、コミックや美術のアーティストとしても活躍しました。

Brian Horton is a 21 year veteran of the games industry and a Creative Director at Infinity Ward. His clients include Disney, DreamWorks, EA, LucasArts, Konami, Activision and Square Enix. Brian was Game Director on Rise of the Tomb Raider and Studio Art Director for Call of Duty Infinite Warfare, Tomb Raider 2013, and Lead Artist for Silent Hill Homecoming, Marc Ecko’s Getting Up, Indiana Jones and the Emperor’s Tomb, Clive Barker’s Undying. He has a BFA from Savannah College of Art and Design and has worked as an artist in comics and fine art.

スポンサーリンク

CEDECにご協力頂いている企業の一覧です。

関連リンク

PERACON2017 CEDEC+KYUSHU 2017 CESAゲーム開発技術ロードマップ2016 ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査 2017 東京ゲームショウ2017

CEDiL

CEDiL

CEDiL CEDEC Digital Library は、過去にCEDECで行われた講演の資料アーカイブです。

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル CEDECチャンネルYoutube版