特別賞
 

小島 秀夫 氏 (KOJIMA PRODUCTIONS)

受賞理由

小島氏が監督を務め、ステルスゲームというジャンルを確立した「METAL GEAR」シリーズは、その革新的なゲームデザインのみならず、常に時代の最先端の技術を取り入れ、映画的な表現手法や物語性によりファンを魅了してきた。最新作「DEATH STRANDING」では氏の作風を生かしながら全く新しいコンセプトが話題となり、世界中のゲーム賞を受賞するなど高い評価を受け、常に業界をリードするタイトルを手掛けることで、ユーザーや開発者に刺激を与え続けている。

プロフィール

1963年生まれ。
1987年に初監督作品「メタルギア」でデビュー。2001年に米『Newsweek』誌の「未来を切り拓く10人」に選定。2015年12月に独立しコジマプロダクション設立。ビデオゲーム業界のアカデミー賞と言われる「D.I.C.E. Summit 2016」でHall of Fame、全世界のゲームメディアが選ぶゲームアワード「The Game Award 2016」でIndustry Icon Award受賞
2020年2月には英国映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts。通称BAFTA)でフェローシップ賞を受賞。

著述賞

CEDEC AWARDS 2020の著述賞は、2021年に向け選出基準を見直すことといたしました。これにより2020年の著述賞は選出見送りとさせていただきます。
CEDEC AWARDS 2021の新しい著述賞に是非ご期待ください。

著述賞の選出基準見直しについて

CEDEC運営委員会

CEDEC AWARDS著述賞は、「ゲーム開発の発展に貢献した著者、出版社」を表彰する賞として、これまで選出してまいりました。本賞の根底には、開発者が自ら記した著書から学び、日々の業務や業界発展につながってほしいというCEDEC運営委員会の想いがあります。

ご自身の経験や技術を自ら記す事により、ご自身のノウハウや知見を振り返り整理するとともに、自身の持つ知識を著書というかたちで、必要としている人に届けて欲しい。そうした想いをより一層強く抱くに至りました。

CEDEC AWARDS著述賞が、開発者の皆様にとって執筆の後押しとなるよう、本年を機に選出基準を見直すことといたしました。
詳細は現時点で未定ですが、少しでも筆を執っていただける開発者が増えることを願っております。