ショートセッション

"No Man’s Sky" から"Forza Horizon 5" まで。国内外の成功タイトルが使う Microsoft Azure

対象プラットフォーム:コンシューマ, PC, モバイル
講演形式
ショートセッション
講演時間
08月25日(木) 16:40 〜 17:05
講演ルーム
第13会場
受講スキル

コンシューマ・モバイル・PC問わず、オンラインゲームのバックエンド開発に関心がある方

得られる知見

オンラインゲームのバックエンドの設計や運用ノウハウ

セッションの内容

オンラインゲームのバックエンドサービスとして Microsoft Azure を上手に活用する方法をご紹介します。

モバイルからコンソールでの大規模なゲームからインディーゲームまで、世界規模で多くのプレイヤーを獲得しているゲームサービスを参考に、Microsoft Azure の設計や運用にノウハウ、はまりやすい課題と解決例などをお話いたします。Azureを利用したことがない方にとっても、オンラインサービスの設計として参考にある情報をお届けします。ぜひご参加ください!

増渕 大輔

日本マイクロソフト株式会社

Game Ecosystem Organization

Cloud Solutions Manager

講演者詳細を開く >

<講演者プロフィール>

クラウド元年と呼ばれた2010年から、Microsoft Azure で多くのオンラインゲームの技術支援を担当しています。

略歴:学生時代に地元仙台で人材系Webビジネスを運営。 その後10年間、日本アイ・ビー・エム株式会社にて運用系のWebエンジニアを担当。 2009年より 日本マイクロソフトに合流。Azure のセールス事業のスタートアップメンバー、技術エバンジェリスト、デベロッパーサクセス、スタートアップへの技術支援などを経験する。 現在はグローバルチームに所属し、ゲーム業界のサーバー技術支援を行う。 また、個人ではスタートアップコミュニティ、プログラミング講座のメンター、スモールビジネスやNPOへのプロボノ支援などを幅広く活動中。

<受講者へのメッセージ>

ゲームのインフラとして、PaaS構成 を選択した、”No Man’s Sky ”から、Kubernetes を選んだ Forza Horizon 5 のケースなど、国内外の成功タイトルがどのようにMicrosoft Azureを組み合わせて設計したのかをご紹介いたします。お楽しみに!
閉じる