CEDEC2024 エンジニアリング分野インタビュー

エンジニアリング分野 主担当 西田 綾佑

Q1
エンジニアリング分野における最新の特徴を教えてください。
西田

エンジニアリング分野は、ゲームを中心としたコンピュータエンターテインメント産業における技術に関する全てを取り扱う分野となります。グラフィックスから最新のAI、ネットワーク、プログラミング、ゲームエンジンやそれに伴うツール開発等、トピックは多岐に渡ります。
最新の傾向は、機械学習の活用や新たなグラフィックス表現の追求などがあげられます。

Q2
この分野で特に求めているトピックを教えてください。
西田

昨今のゲームタイトルは複数プラットフォームでリリースするケースが増えてきました。各世代コンソールや各種スマートフォンを通したクロスプラットフォームを実現する要所技術や工夫に関してのセッションは、ゲーム開発者としても興味があるのではないでしょうか。
また、グラフィックスに関するセッションは見応えがあるものが多く、私自身も楽しみにしています。気合の入った公募、お待ちしております。

Q3
ご自身の経験や過去の応募者の反応から、応募するメリットはどう感じていますか?
 西田 綾佑
西田

国内のゲーム開発者向けカンファレンスの中でも特にCEDECのセッションは注目度が高いです。
もし採択され登壇することができれば、ご自身のキャリアにポジティブに働くと思います。
年に1回、公募期間にご自身が取り組まれた技術トピックを振り返りネタを探すこと自体も、技術の棚卸しという側面で良いきっかけとなるのではないでしょうか。

Q4
CEDECでの登壇メリットについてはどう感じていますか?
西田

私自身、何度かCEDECに登壇させていただいた経験があります。登壇を重ねる上で感じるメリットとしては、セッションのフィードバックや反響を開発者からいただけることです。自身が取り組む技術トピックに関して同業者から認められることは、とても嬉しいものです。

Q5
最後に、公募を検討している方へメッセージをお願いします。
西田

知見の共有自体は、ご自身の業務においても社内で経験があるのではないでしょうか。そういった身近な知見共有の延長線上にCEDECのセッションはあると思います。ご自身が取り組まれた技術トピックや社内の知見を整理し、これはと思うネタがあれば是非応募してみて下さい。不特定多数の開発者へ情報発信する機会はそうそうありません。

エンジニアとしてのステップアップの機会として、CEDECへのチャレンジお待ちしています。
今年は昨年と同様ハイブリッド開催となります。開発者がたくさん集まるこのお祭りに是非参加してみてください!

TOP