セッション一覧

エンジニアリング

公募 エンジニアリング ビジュアル・アーツ  タイムシフト配信:あり

HDR 理論と実践

日時 : 8月30日(水) 17:50〜18:50
形式 : レギュラーセッション
プラットフォーム : コンシューマ
難易度 : 中辛(この分野の初心者へ)
写真撮影 :
SNS公開 :
資料公開 : 後日CEDiLにて公開予定です
受講スキル
リニアワークフローを理解されていることが望ましいです。
受講者が
得られるで
あろう知見
広色域・広ダイナミックレンジな素材の取り扱い
HDR TV 1st で作業フローを構築するひとつの具体例

セッションの内容
近年シェアを急激に伸ばしつつあるHDRテレビはフォトリアルCGの魅力をより引き出すデバイスです。
開発初期には、それほど難しくなく対応できるだろうと予想していたHDR対応ですが、
実際には、理想と現実のさまざまなギャップを乗り越える必要がありました。
GT SportにおけるHDRテレビ対応の、実験と挑戦の歴史を共有させていただきます。

講演者プロフィール

内村 創

内村 創
POLYPHONY DIGITAL INC.
ENGINEER TEAM
Engineer
経歴:
早稲田大学理工学部情報学科修士卒。新卒でポリフォニー・デジタルに入社。
GRANTURISMO5と6においてPS3のSPUを用いたムービーの高品質化処理やオクルージョンカリング等を担当。
GTSPORTでは色システム全般、特に塗装色計測システムと、Scapesの画像処理やPVSの事前計算などを担当。
カメラとレンズ、レイトレが好き。今年、二人目の子供が生まれました。
github : https://github.com/nikq/
《講演者からのメッセージ》

今回GTSPORTではマテリアルからレンダリングまで一環してHDR10に対応しました。
きちんとHDR出力された絵をはじめて見たときの感動を、今でも覚えています。
それはまるで、正しく度のあったメガネに架け替えたような、視力が良くなったような体験でした。

HDRはすべてのゲームビジュアルをより魅力的にしてくれる可能性がありますが、
ちゃんとグレーディングしないとヤバい絵を出してしまうことにもなりかねません。
弊社のHDRへの試みと実験の歴史が、皆さんのHDR対応の一助になれば幸いです。

スポンサーリンク

CEDECにご協力頂いている企業の一覧です。

関連リンク

PERACON2017 CEDEC+KYUSHU 2017 CESAゲーム開発技術ロードマップ2016 ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査 2017 東京ゲームショウ2017

CEDiL

CEDiL

CEDiL CEDEC Digital Library は、過去にCEDECで行われた講演の資料アーカイブです。

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル CEDECチャンネルYoutube版