セッション一覧

ゲームデザイン

公募 ゲームデザイン   タイムシフト配信:あり

PERACON2017

日時 : 9月1日(金) 17:50〜18:50
形式 : CEDEC CHALLENGE
難易度 : 甘口(学生含めどなたでも)
写真撮影 :
SNS公開 :
資料公開 : 後日CEDiLにて公開予定です
受講スキル
企画者を志す方から百戦錬磨の企画マンまで
受講者が
得られるで
あろう知見
自分の企画の実力

セッションの内容
PERACONこと「ペラ企画コンテスト」は、事前に設定されたテーマに沿った企画コンセプトをA4用紙1枚(相当サイズの画像)にまとめて競う、誰でも参加できる「コンセプトシートコンテスト」です。15秒ほどで内容が理解できるものであれば表現は自由。作品は審査員によって評価され、優秀作品は最終日の結果発表セッションで表彰されます。また作品と審査員の評価、全コメントはwebに公開され、企画の勉強をする際の貴重な資料となります。

講演者プロフィール

遠藤 雅伸

遠藤 雅伸
東京工芸大学
芸術学部ゲーム学科
教授
経歴:
1959年生まれ、ゲーム教育者/研究者/作家。
■過去のCEDEC講演■
2002「携帯アプリとゲームデザインについて」
2006「モバイルゲームのゲームデザイン'06」
2008「10年前のモバイルゲーム、10年後のモバイルゲーム」
2010「ライトゲームなう」
2011「金田伊功氏がゲームに残した物」「奇跡の1枚はこれだ」
2012「宴会コミュニケーションツールを作ってみた」
2013「もう一度プレイさせるゲームシステム」「ナラティブはここにある!」
2014「七並べで学ぶゲームAIの働き」
2015「ラピッドプランニング演習」「ゲームにおける既視感」
2016「アナログゲームが熱いって本当?」
著書に「遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継」
《講演者からのメッセージ》

日本のゲームデザインは、日本独自の文化を基に世界でも最も先鋭的なトライが数多く行われています。
今年も「クレイジージャパン」に恥じない、遠いところに連れて行ってくれるようなイカす企画をお待ちしています。

三上 浩司

三上 浩司
東京工科大学
メディア学部
教授
経歴:
1995年慶應義塾大学環境情報学部卒.日商岩井株式会社メディア事業部にて,オンラインゲームサービス「XBAND」をはじめ新規事業立ち上げに従事.1997年に株式会社エムケイにてプロデューサとして,3部作にわたるゲーム(未発表)の開発を担当.1998年にJCGLの創設者である金子満氏とともに東京工科大学片柳研究所に「クリエイティブ・ラボ」を設立.博士(政策・メディア,2008慶応義塾大学)
主な著書
「映像ミザンセーヌの黄金則 -ヒットする映画の作り方-」,「ディジタルアニメマニュアル2009」,「ディジタル映像表現」,「アニメ学」,「コンテンツクリエーション」,「CGとゲームの技術」ほか多数
過去のCEDEC講演
「Global Game Jamへの誘い -48時間ゲーム開発プロジェクト参加報告-」2010,「産学連携による高等教育機関におけるゲーム人材の育成と先端研究」2007, 「ペラコン表彰式」2011,2012,2013,2014,2015,2016ほか多数
《講演者からのメッセージ》

東京工科大学では,次世代の映像制作手法の研究開発とアニメーション制作のディジタル化支援を行ってきました.2004年より,他大学に先んじて4年制大学においてゲーム開発教育を開始.ゲーム開発教育やGlobal Game Jamなどを紹介することが多くあります.大学,大学院の学生とともにゲームのグラフィック表現やゲームデザインにかかわる研究も進めています.

馬場 保仁

馬場 保仁
株式会社ファリアー
代表取締役
経歴:
慶応義塾大学院 政策・メディア研究科 修了 修士(政策・メディア)
1997年 セガ・エンタープライゼス(現セガゲームス)入社
家庭用ゲームの開発に従事。「プロ野球チームをつくろう!」などのプロデューサー、ディレクターを歴任
2012年 ディー・エヌ・エー 入社
スマホアプリのエグゼクティヴプロデューサー、開発部長を歴任
人事も兼任して、イベント「HEAT」「座・芸夢」などを企画、運営
2016年 株式会社ファリアー創業 (http://farrier.jp/)
「駿馬~ゲームクリエイター育成講座」イベントを企画、運営
「ゲーム業界 活人研」Social Game Info 上で連載中
著書に「ゲームの教科書」(筑摩書房:ちくまプリマー新書)がある
《講演者からのメッセージ》

ゲーム業界の門をたたきたい人
プロとして自分の思うアイデアを世に発表して評価を受けたい人
いろんな方のチャレンジを毎年楽しみにお待ちしてます!!

プロも、先生も、学生も、アマチュアも、みんな一線で平等に競い合いましょう!
切磋琢磨が、未来の日本のゲーム開発力を向上させますので!!!

簗瀬 洋平

簗瀬 洋平
Unity Technologies Japan
プロダクト・エヴァンジェリスト/教育リード
経歴:
1995年よりゲーム開発者として「ワンダと巨像」「Folks Soul -失われた伝承-」「魔人と失われた王国」などに携わる。
2012年よりリサーチャーに転進、現在はユニティ・テクノロジーズジャパンで学術・教育方面を担当しつつ研究者として活動。
2017年 研究プロジェクト「Unlimited Corridor」で文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞受賞
《講演者からのメッセージ》

ペラコンはアイディアだけを競う場ではありません。発想、伝え方、過去作品の分析など多くのものが問われます。
が、細かいことよりもとにかくこれは面白い、と思えるものを投稿してください!

スポンサーリンク

CEDECにご協力頂いている企業の一覧です。

関連リンク

PERACON2017 CEDEC+KYUSHU 2017 CESAゲーム開発技術ロードマップ2016 ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査 2017 東京ゲームショウ2017

CEDiL

CEDiL

CEDiL CEDEC Digital Library は、過去にCEDECで行われた講演の資料アーカイブです。

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル CEDECチャンネルYoutube版