セッション一覧

ビジュアル・アーツ

公募 ビジュアル・アーツ プロダクション  タイムシフト配信:あり

Technical Artist Bootcamp 2017 vol.1 「Automation for TA」

日時 : 8月30日(水) 11:20〜12:20
形式 : チュートリアル
プラットフォーム : コンシューマ アーケード PC モバイル
難易度 : 甘口(学生含めどなたでも)
写真撮影 :
SNS公開 :
資料公開 : 後日CEDiLにて公開予定です
受講スキル
1.DCCツール(Maya,Photoshop等)でのスクリプトもしくはコマンドライン実行による自動化経験

2.ツールを作成し、他の人に使ってもらっている方
作成したツールの管理に頭を悩ませている方
受講者が
得られるで
あろう知見
1.Jenkinsを使った、デザイナの手元を離れた後に行う自動化
2.環境構築やツール配布を自動化するためのアイデア

セッションの内容
「TA育成チュートリアル:自動化」をテーマにTAに必要な知識の学習

1.「プログラマに頼らず使えるようになる。Jenkinsを使ったTA向け自動化入門」
プログラマがいつも便利に使っているJenkins。TA(を目指す)方ならアレをうまく使ってデザイン作業の自動化もできないかと考えた事はないでしょうか。本セッションではできるだけ難しい言葉を使わずに、受講者が自分でJenkins環境を作って自動化できるようになる手順を説明します。

2.「めんどくさい」をモチベーションに!自動化プラットフォームをゴリゴリ作る!!

自分の作ったツールをユーザーさんに配布するときのインストールマニュアルの作成、パッケージ化、配布、、、でもマニュアルは読まれず結局席まで呼ばれてインストール。気付けば人によって使っているバージョンがバラバラでトラブル続出。。。そんなメンドクサイ作業、全部自動化しましょう!!

講演者プロフィール

麓 一博

麓 一博
株式会社セガゲームス
オンラインコンテンツ事業部 開発サポート部
テクニカルアーティスト
経歴:
1998年セガに入社。ドリームキャストの起動時の映像、いくつかのゲームタイトルのアート業務を経て、現在の描画ライブラリ開発、サポート部門へ。
現在では複数のゲームタイトルをDCCツール、表現技術面やワークフローに至るまで開発/サポート。

・CEDEC登壇経験 2008~2015年
・XSI6のラウンチセミナーや、SiggraphAsia2009でリアルタイムシェーダー勉強法のプレゼン
・ソフトバンク クリエイティブ:デジタルゲームの技術にてテクニカルアーティストに関するインタビュー、「ゲームクリエイターが知るべき97のこと」TAについて寄稿など
・CEDEC2015、2016、2017と運営委員会 プログラムWGビジュアルアーツ主担当
・TA Bootcampではセッションコーディネートを担当
《講演者からのメッセージ》

Technical Artist Bootcamp 2017 今年はテクニカルアーティストの育成にフォーカスしたセッションを開催いたします。
麓は登壇しませんが、全てはかならず役に立つ知識となります。
TAの血肉とし、ハードな世の中を生き抜いていきましょう!!

粉川 貴至

粉川 貴至
株式会社セガゲームス
開発技術部
ビルドエンジニア
経歴:
2008年株式会社セガにプログラマとして入社。Jenkinsを用いたビルド自動化や開発ワークフローの効率化を中心に従事。
最近の興味はQAエンジニアリングとテスト効率化。
CEDEC2011から運営委員としても活動。プログラムワーキンググループ(グループアシスタント、プロダクション)、システムワーキンググループ担当。
最近の講演:CEDEC 2015 「長期運営タイトルに後からパイプラインの自動化を導入した際の技術的Tips」
ラウンドテーブル主催:CEDEC 2016 「プロダクションラウンドテーブル」など
寄稿:「ゲームクリエイターが知るべき97のこと」、オライリージャパン、2012
《講演者からのメッセージ》

今回はテクニカルアーティスト向けということで、はじめましての方が多いと思います。
私自身は長年Jenkinsで自動化環境を作ったり運用したりしてきましたが、アーティスト向けの自動化経験はあまりありません。
しかし安心してください。TAスペシャリストである弊社 麓 監修のもと、実際に役立つレベルまで落とし込んだ講義ができる事を目指しますので、どうぞご期待ください!

痴山紘史

痴山紘史
(株)日本CGサービス
代表取締役
経歴:
JCGS代表。2002年(株)IMAGICA入社。放送局向けリアルタイムCGシステムの構築・運用に携わる。2005年、(株)リンクス・デジワークス出向。映画・ゲーム等の映像製作に携わる。2010年独立、現職。 映像制作における日本の標準パイプラインを 構築するための活動をしている。 CEDEC では Technical Artist Bootcamp や テクニカルアーティストラウンドテーブルなどでプログラマからの視点での講演をおこなっている。
《講演者からのメッセージ》

自動化の道は果てしなく長く、いつまでも終わることはありません。それでも一歩一歩、着実に積み重ねることで確かな手応えを掴むことができます。
今回は弊社でおこなってきた事例を元に、自動化システムの進化の流れをご紹介します。弊社事例を参考にして、受講者の方が次の一歩を踏み出すためのヒントを見つけていただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

CEDECにご協力頂いている企業の一覧です。

関連リンク

PERACON2017 CEDEC+KYUSHU 2017 CESAゲーム開発技術ロードマップ2016 ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査 2017 東京ゲームショウ2017

CEDiL

CEDiL

CEDiL CEDEC Digital Library は、過去にCEDECで行われた講演の資料アーカイブです。

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル CEDECチャンネルYoutube版