セッション一覧

ビジュアル・アーツ

公募 ビジュアル・アーツ   タイムシフト配信:あり

「Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト」制作秘話 ~プログラム・デザイン・サウンドについて、すべて明かします~

日時 : 8月31日(木) 16:30〜17:30
形式 : レギュラーセッション
プラットフォーム : コンシューマ
難易度 : 中辛(この分野の初心者へ)
写真撮影 : 不可
SNS公開 : 不可
資料公開 : 不可
受講スキル
VRに興味がある方や開発を始めようと考えている方
UnityでのVR開発を考えている方
受講者が
得られるで
あろう知見
VRでキャラクターを魅力的に見せる方法、ドラマ部分の制作方法や工夫、開発に必要となる様々なノウハウ、コンテンツとして成立させるための手法、問題解決のためのヒントなど。

セッションの内容
TYPE-MOONが贈るFateRPG「Fate/Grand Order」から生まれたVRタイトル「Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト」。
Fateシリーズ初のVRタイトルとしてPlayStation®VRで開発中の本作では、VRという新たな舞台でキャラクターを魅力的に見せるための、様々な工夫をしております。
このセッションでは、開発初期に行った様々な検証や、開発時に発生した問題なども含め、実際の事例を交えながら、本作が「Fate VRドラマ」というジャンルとしていかに作り上げられていったのかを、プログラム・デザイン・サウンドそれぞれの面からすべて明らかにしていきます。

講演者プロフィール

荻野 洋

荻野 洋
ディライトワークス株式会社
新規事業開発室 VRセクション
テクニカルディレクター
経歴:
主にコンシューマーゲーム業界において、スーパーファミコン、サターン、プレイステーション、プレイステーション2など、様々なプラットフォームでのゲーム開発に携わり、2014年ディライトワークス入社以降、『Fate/Grand Order』のテクニカルディレクションを経て、2016年よりVRの開発に従事する。
《講演者からのメッセージ》

2016年のVR元年が終わり、いよいよVRも本格始動となり、良いコンテンツをどんどん揃えていく時期に差し掛かってまいりました。
本セッションは「これを聴きさえすればVRドラマを作れる、作るための知識が得られる」という事を目標に、主にプログラム、デザインについての様々な情報をお伝えします。
特にUnityを使ったPlayStation®VRの開発事例として、非常に興味深い内容になるかと思います。
VR開発をした事のない方はもちろん、VR開発経験者の方も多くの知見を得られるかと思います。どうぞご参加ください!

島野 伸一郎

島野 伸一郎
ディライトワークス株式会社
デザイン部 3Dセクション
マネージャー
経歴:
セガ、コナミで業務用、家庭用ゲーム開発に3DCGデザイナーとして携わる
代表作は『バーチャファイター3』『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』『METAL GEAR AC!D』など
モデリングにこだわり続け気が付けばポリゴン歴20年
ディライトワークスでは『Fate/Grand Order』『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』など
3D全般を担当する
《講演者からのメッセージ》

『Fate/Grand Order』のメインキャラであるマシュが、どのようにしてVR空間内で
自然に振る舞いユーザーと触れ合うまでに至ったか、インタラクション部分の苦労や
ストーリーテリングの工夫をデザイン面から紹介します。

スポンサーリンク

CEDECにご協力頂いている企業の一覧です。

スポンサーシップ
プログラム

関連リンク

CEDEC+KYUSHU 2017 PERACON2016 ~ガチバトル、カムバック!~」結果発表 CESAゲーム開発技術ロードマップ2016 ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査 2017 東京ゲームショウ2017

CEDiL

CEDiL

CEDiL CEDEC Digital Library は、過去にCEDECで行われた講演の資料アーカイブです。

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル CEDECチャンネルYoutube版