セッション一覧

ビジュアル・アーツ

公募 ビジュアル・アーツ   タイムシフト配信:あり

Maya + Python でインハウスツールを作ろう!

日時 : 8月31日(木) 10:00〜11:00
形式 : チュートリアル
プラットフォーム : コンシューマ
難易度 : 中辛(この分野の初心者へ)
写真撮影 :
SNS公開 :
資料公開 : 後日CEDiLにて公開予定です
受講スキル
Pythonを学びたいと思っているが、何から手を付けてよいか、お探しの方。
ツール制作のスキルを身につけたいと思っているテクニカルアーティスト。
Pythonコードの高速化を知りたいと思っているツールエンジニア。
受講者が
得られるで
あろう知見
ゲーム制作にPythonを導入をすることで、アートアセット制作パイプラインの効率化が図れること。
インハウスツール制作の手順を学ぶことができる。また、Python特有の高速化のコツをご紹介。

セッションの内容
ポリフォニー・デジタルでは、アートアセット制作のパイプラインにPythonが多く使われています。
近年のCG映画業界でも、Pythonを活用していないプロジェクトは、無いと言ってもいいでしょう。
ゲーム、CG映画業界では、欠かすことのできないプログラミング言語の1つです。

本セッションでは、Pythonを使うことのメリットや、グランツーリスモSPORTの制作では、どのようにPythonを活用していたのか、
そして、インハウスツールを作れるようになりたいと思っているテクニカルアーティストや、Mayaをカスタマイズしたいと思っているツールエンジニア向けに、Pythonによるツール作成の方法をご紹介したいと思います。

講演者プロフィール

富田 岳伸

富田 岳伸
株式会社ポリフォニー・デジタル
経歴:
Square USA、Microsoftを経て、2009年よりポリフォニー・デジタルに在籍。
パイプライン、ツール開発エンジニアとしてグランツーリスモのアートアセット制作環境を支える。
《講演者からのメッセージ》

テクニカルアーティスト、ツールエンジニアを目指す方へ有意義な講演になるようにしたいと思います。
この講演を通じて、パイプライン、ツール開発に興味を持つゲーム開発者が増えると嬉しいです。

スポンサーリンク

CEDECにご協力頂いている企業の一覧です。

スポンサーシップ
プログラム

関連リンク

CEDEC+KYUSHU 2017 PERACON2016 ~ガチバトル、カムバック!~」結果発表 CESAゲーム開発技術ロードマップ2016 ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査 2017 東京ゲームショウ2017

CEDiL

CEDiL

CEDiL CEDEC Digital Library は、過去にCEDECで行われた講演の資料アーカイブです。

CEDECチャンネル

CEDECチャンネル CEDECチャンネルYoutube版