レギュラーセッション

ブロックチェーンゲームにおけるゲーム内経済・報酬設計について

講演形式
レギュラーセッション
講演時間
08月24日(火) 11:20 〜 12:20
講演ルーム
第8会場
資料公開
予定あり
受講スキル

ブロックチェーンゲームの開発を行っている方

ブロックチェーンゲームの運営経験がある方

得られる知見

ブロックチェーンゲームにおけるゲームサイクル設計の方針

ブロックチェーンとソーシャルゲームの開発運営方針の違い

ブロックチェーンゲーム報酬設計の方法論・バリエーション

セッションの内容

ブロックチェーンゲーム、が出来てから何年か経っているが、まだ実際にリリースされているタイトル数が少なかったり、あまり実際の運用のノウハウが共有されていない。

本セッションでは、ブロックチェーンゲームにて一番わかりにくいと思われる、ゲーム内経済・報酬設計について解説します。

具体的なタイトルとして、自社で運営してきているクロスリンク(CrossLink)を題材に説明します。

iOS/Android向け Native アプリとして提供され、アクティブユーザー数 10000以上を抱えるブロックチェーンゲームは少ないため、ブロックチェーンゲームを開発・運用する方に有用な情報であると思います。

竹村 也哉

株式会社プラチナエッグ

代表取締役

講演者詳細を開く >

<講演者プロフィール>

1997年より株式会社ネバーランドカンパニーにてプログラマ
2002年より1年間フリーランスを経て独立

現在はブロックチェーンゲーム、ブロックチェーン関連エンターテインメントをメインで手がける。
専門はブロックチェーンゲーム、NFTマーケット、StableCoinなど。

株式会社プラチナエッグ代表



講演歴

2019年CEDEC講演
ブロックチェーンゲーム開発と運用、ブロックチェーンゲーム開発とソーシャルゲーム開発の違い。クリプトダービーの事例
https://cedil.cesa.or.jp/cedil_sessions/view/1986

https://www.nariya.net/

<受講者へのメッセージ>

今回、企画的な内容を話します。
ブロックチェーンを使う、とはいえあくまでゲームなのですが、どうしても普通のゲームとは現在はユーザー層が異なります。
長期的にはブロックチェーンゲームは普及すると思っていますが、まだまだ作っている開発者は少数です。

ゲームデザイナーとして、どのような報酬設計が必要になってくるのか、興味がある人は是非来てください。聞いた上で意見をもらえればもっと嬉しいです。
閉じる