ショートセッション

「確率機?」と勘違いさせない!何度も遊んでもらえるプライズマシンのつくりかた

対象プラットフォーム:アーケード
講演形式
ショートセッション
講演時間
08月25日(水) 14:00 〜 14:25
講演ルーム
第6会場
資料公開
予定あり
受講スキル

プライズマシンを開発したい/している方。

プライズマシンの運営をしたい/している方。

得られる知見

確率機だと勘違いされないプライズマシンの開発手法と実現手段。

プレイヤーのプレイ意欲を高めて売り上げを伸ばす方法。

セッションの内容

本セッションでは、先ず、プレイヤーの技量で結果が決まる実力機であるはずのプライズマシンが、なぜ抽選によって結果が制御されている確率機だと勘違いされてしまうのか、考察を交えて説明します。

そのうえで、プレイヤーに確率機だと勘違いされない解決法を紹介します。

そして、プレイ意欲を高めて売り上げを伸ばす(何度も遊んでもらえる)方法を、具体的に解説致します。

梅山 洋介

株式会社タイトー

ゲーム開発1部

プロデューサー

講演者詳細を開く >

<講演者プロフィール>

2009年 株式会社タイトーに新卒入社。
生産部 品質管理課に配属後、品質保証部に転属した後、2017年にゲーム開発部 制作1-1課へ企画職として転属。
プロデューサー兼プランナー(ディレクター)として、「でんしゃでゴー!!キッズ」(2019年)、「わくわく♪ハンバーガー」(2020年)、「ゲッタースピン」(2021年)を開発。
また、開発プロデューサーとして、「オンラインクレーン専用クレーンマシン(仮称)」(2021年)の開発を指揮。

<受講者へのメッセージ>

アーケードゲームは、遊んでいただいているお客様(プレイヤー)や、アーケードゲームを使って運営を行っているお客様(オペレーター)と生で接しながらつくりあげていくことができて、そこが醍醐味でもある B to B to C の特殊なゲーム開発だと考えています。
今回の公演で、アーケードゲームの開発にも興味を持っていただければ嬉しいです。
閉じる

平賀 大貴

株式会社タイトー

ゲーム開発3部

講演者詳細を開く >

<講演者プロフィール>

2019年に株式会社タイトーへ新卒入社。
プログラマーとして、スマホアプリ部門にて開発ツールの制作などを行う。
同年年末に、アーケードのプロジェクト「ゲッタースピン」(2021年)にメインプログラマとしてアサインされ、以降「丑の刻地下病院」(2021年)、「らくがキッズ」(2021年)、「オンラインクレーン専用クレーンマシン(仮称)」(2021年)などアーケードをはじめとしたメカ×ゲームの開発に携わる。

<受講者へのメッセージ>

アーケードゲームは、そのほかのゲームと異なり、プレイヤーに楽しみをお届けするとともに、オペレーターのユーザビリティなども考えて開発を行います。
開発者以外のたくさんの人との関わりを通してゲームを完成させていく、少し難しくもとてもやりがいのある開発だと思います。
今回の公演を通して、アーケードゲームの開発をどのように行っているのか、また苦労や楽しさをお伝えできれば嬉しいと思います。
閉じる