パネルディスカッション

ゲーム業界の男性育児休業~職場復帰の実態。リモートワークでの育児両立の難しさと働き方。3社事例紹介。

講演形式
パネルディスカッション
講演時間
08月24日(火) 11:20 〜 12:20
講演ルーム
第1会場
資料公開
予定あり
受講スキル

・必要なスキルや知識はございません/ゲーム業界での子育てに興味がある方はどなたでもご参加ください

・ゲーム業界の男性が、どのように工夫して育児休業を取得しているか、その後の働き方について知りたい方

・リモートワークでの育児両立の難しさと働き方の実態を知りたい方

・ワーキングペアレントの働きやすい環境に興味のある方、多様な働き方を模索している企業様

・本テーマに関する、経営者目線の話しも聞きたい方

・人事総務/管理職/経営者/従業員の方々

・子どもを持つと働き方がどう変わるのか知りたい方、学生様

得られる知見

・ゲーム業界で働くワーキングペアレントの多様な働き方の事例、課題と対策案

・男性社員の育児休暇~復帰後の働き方の実例

・リモートワークでの育児両立の難しさと働き方の実例

・従業員が働き続けやすい会社に変えていこう/後に続く人たちへのためにも、第一歩をふみ出そう、という決意が芽生える(芽生えて欲しい)

セッションの内容

2020年より、ゲーム業界でもリモートワークが恒常化してきました。

その中で、ワーキングペアレントの働き方はどのように変わったでしょうか?

新たに生まれた課題は何でしょうか?

「仕事への影響・不安」を持ちながらも、育児休業を取得し、職場復帰した登壇者たちが、「男性育児休業の実態」と、「リモートワークでの育児両立の難しさと働き方」をテーマに、3社の事例を紹介します。

厚生労働省が発表している「男性の育児休業取得促進等に関する参考資料集」を元に、「制度の説明」「取得方法」を冒頭で紹介。

その後、本セッション用にゲーム業界各社で取った最新の「男性の育児休業~復帰後の働き方(リモート含む)アンケート」についての共有を行います。

<2021年版アンケートのご協力をお願いいたします>

●【男性育休アンケート】対象者:「取得経験者」「取得しなかった方」「非該当者(性別問わず)」⇒それぞれのご意見をお聞かせください

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSffPzMyQ6hsNU9u84DSAuWzeWFRcPJFJoDzsjAHeS2YLmRAxA/viewform

・「上司」「経営者」の立場からの意見、考え方も、一例としてお伝えいたします。

・各社社内コミュニティの紹介や、オンライン環境での活動状況もお話しいたします。

茂呂 真由美

セガサミーホールディングス株式会社

総務本部 コミュニケーションサービス部 コミュニケーション推進課

講演者詳細を開く >

<講演者プロフィール>


セガにデザイナーとして新卒入社。CSタイトル、Web、アプリ、SNS、インナーコミュニケーション活動等、幅広く従事。
現在はセガサミーホールディングス にて、グループ会社全体のコミュニケーション推進活動を企画、実践中。

●主なタイトル
『AZEL -パンツァードラグーンRPG-』背景
『スペースチャンネル5』コンセプトアート/モデリングチームリーダー 『スペースチャンネル5 パート2』アートディレクター
『そにっく・ざ・スケッチほっぐ』ディレクター/アートディレクター/原画

●登壇歴
・CEDEC2018ワーママ・ワーパパたちの働き方改革を共有しよう!そして、何か新しい行動を興してみよう!
・ゲーム業界で働く女性の交流イベント「Unity Women in Gaming : Tokyo」
・CEDEC2019ワーママ・ワーパパたちの働き方と悩み/御社の悩みは何ですか?他社はどう解決しているの?

<受講者へのメッセージ>


セガ、コンシューマー開発出身の、新卒入社ワーママ最年長。
小5、高2、姉妹の母。

悩みを抱えている方が、相談できる環境を作っていきたいと思い、CEDECで活動を続けています。
ゲーム業界で働く仲間の悩み、解決へ向けての取り組みを知り、自社に持ち帰って共有して頂きたいです。
本講演が、貴社での話題作りのキッカケになれば幸いです。
閉じる

増田 亮

株式会社セガ

ゲームコンテンツ&サービス事業本部 第3事業部 第3開発1部 第3プログラムセクション

リードプログラマー

講演者詳細を開く >

<講演者プロフィール>


2009年 セガ入社
『Phantasy Star Online 2』でUI、サウンド、クラウド、ツール周りを担当。
2019年10月~2020年3月まで(約半年間)育児休暇を取得。

<受講者へのメッセージ>


男性の育休取得について部内で事例が少ない中で迷いもありましたが、今では育休を取得してよかったと感じています。
このセッションでメリット・デメリットについて、具体的な体験談を交えてお伝えできればと思います。
閉じる

竹内 公紀

株式会社セガ

ゲームコンテンツ&サービス事業本部第4事業部戦略支援部ビジネス&データ分析2課

データアナリスト/課長代行

講演者詳細を開く >

<講演者プロフィール>

モバイルビジネスのプロモーション、企画、運営などを経験した後、2014年に株式会社セガに入社。
主にスマートフォン向けゲームのデータ分析を担当し、社内のデータと分析の標準化活動にも力を入れる。

里帰り出産せず、退院初日から夫婦だけの育児を開始。
2020年4月~2020年11月まで(約8か月間)育児休暇を取得。

<受講者へのメッセージ>


妊娠発覚時から夫婦で話し合い半年以上の長期育休取得を考えていたため、
充実した育休にしようと事前の準備に力を入れました。
・事前の社内への調整や引き継ぎを行うという仕事上の準備
・出産直後から戦力となれるように家事と育児スキルの事前準備(パパ修行)
・収入減でも不安にならないように出産・育児に関する制度や手当についての調査

セッションではこうした体験を通じて気づいた点などをご紹介できればと思います。
閉じる

渡邉 吉治

株式会社セガ

ゲームコンテンツ&サービス事業本部第4事業部第4開発2部第一ソフト開発セクション

リードプログラマー

講演者詳細を開く >

<講演者プロフィール>

プログラマとして、2008年に新卒で(株)セガに入社。
主に携帯ゲーム機向けのゲーム開発を経て、2012年発売の「サムライ&ドラゴンズ」からサーバーサイドの開発が主業務に。
以降、サーバーサイドのアプリケーション開発担当としてスマホゲームに携わる。
直近の主な開発タイトル「D×2 真・女神転生リベレーション」

2018年10月~2019年3月の期間、育児休暇を取得。

<受講者へのメッセージ>

現在3歳になる娘を持つパパです。
保育園の送り迎えのため、仕事は育児時短勤務をさせてもらっています。
皆さんが、育児休暇をよりイメージできるようにお伝えできればと思います。
閉じる

佐々木 瞬

株式会社ヒストリア

代表取締役

講演者詳細を開く >

<講演者プロフィール>

コンシューマータイトルのディレクター・リードエンジニアを経て、2013年にUnreal Engine専門のゲームデベロッパー、株式会社ヒストリアを設立。プロデューサー・ディレクターとして家庭用ゲーム、アーケードゲーム、VRコンテンツ、ノンゲームコンテンツの開発を中心に活動中。ミニコンテスト「UE4ぷちコン」やセミナーイベント「出張ヒストリア! UE4勉強会」をはじめとする開発者コミュニティ活動にも力を入れる。

代表作
・「Caligula2」(開発プロデューサー/開発ディレクター)
・「アスレチックVR PAC-MAN CHALLENGE(パックマンチャレンジ)」(開発ディレクター)
・「ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー」(開発プロデューサー)
・「Airtone」(プロデューサー/ディレクター)

<受講者へのメッセージ>


今回は働く環境がテーマなので、私からは中小企業の経営者として何をどう考えて制度制定と運用をしているかを中心にお話しできればと思います。
業界にかかわるほぼすべての人が関係するテーマだと思いますので、従業員と経営者の相互理解の一助となれば幸いです。
閉じる

安部 拓也

株式会社ヒストリア

ゲームエンジニア

講演者詳細を開く >

<講演者プロフィール>

コンシューマゲームの開発、ツール開発などを経験した後、2018年に株式会社ヒストリアに入社。
「ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー」運営リードエンジニアなどを担当。現在2度目の育児休暇取得中。

■ 育児休暇取得期間
・2019年5月~10月: 第一子の育児休暇取得。里帰り終了後、生後3か月~9か月頃の半年間。
・2021年6月~(最大2022年3月頃まで): 第二子の育児休暇取得中。こちらは生後0か月からの育休取得。

<受講者へのメッセージ>

半年の育児休暇を取得した後、フルタイム勤務しながら「家事育児の主力対応」「緊急時含む保育園お迎え」を維持すべく日々試行錯誤しています。
その過程でさまざまなことが起こりますが、よく分析すると業務で培った経験が活かせる場面も多々あります。
「とにかく大変」には留まらない、育児休暇の実際とその前後で起きたこと、課題への取り組み方をお話しできればと思います。
閉じる

澤田 唯

株式会社スクウェア・エニックス

第一開発事業本部ディビジョン1

ゲームデザイナー

講演者詳細を開く >

<講演者プロフィール>

2010年にスクウェア・エニックスへ新卒入社。
『ライトニングリターンズ FFXIII』『メビウスFF』の両作でリードプランナーを担当した後、2017年からは『FINAL FANTASY VII REMAKE』の開発に従事。

家では5歳長女と3歳長男の父。
それぞれの誕生直後に2週間程度の有給休暇と、2018年11月に保活目的の育休を取得。

<受講者へのメッセージ>

今のゲーム業界に負けず劣らず、変化の早い子育て事情。
そんな時代での子育ては不安が尽きないと思いますが、このセッションがその不安を晴らす一助になれば幸いです。
また、育休は夫婦合わせても取得期間半年以下とかなり短めの取得だったため、短期取得を経験した立場からの知見もお伝えできればと思います。
閉じる