ワーママ・ワーパパたちの働き方と悩み/御社の悩みは何ですか?他社はどう解決しているの?


講演形式
ラウンドテーブル
講演時間
09月04日(水) 11:20 〜 12:20
資料公開
予定あり
受講スキル

・育児をしながら働いている全ての方

・今後、妊娠・出産を考えている方(パートナー含む)

・共有したい、自社事例などある方

・上記案件で、相談したい状況にある方(管理職、人事担当の方等含む)

得られる知見

・ワーママ、ワーパパの仲間が増え、今後の仕事や、社内での動きに、広がりが生まれます

・他社事例による、直面しうる問題と、それに対する具体的な対応例を知り得ることができます

・自ら、行動を興そう、とする主体性を身につけていただきます

セッションの内容

<<2017年から始まったラウンドテーブルです/CEDECでの恒例化を目指しています>>

2018ラウンドテーブルでは、

受講者の皆さんに、

「私たち1人1人の動きで、働きやすいゲーム会社環境を作っていきましょう」

「来年のCEDECまでに、何か1つ新しいアクションを起こしましょう」

「きっと、何かが変わっていきます」

と呼び掛け、終了しました。

この1年、皆さんの周りで、何が変わったでしょうか?

引き続き、抱えている問題点は何でしょうか?

自社だけでは解決できない問題があれば、皆に相談しましょう。話し合いましょう。

皆さんが抱えている問題の、糸口が見つかる場にしたいです。解決が難しい問題でも、相談できる相手がいるだけで、勇気づけられるものです。

冒頭で、セガでのその後1年の動きを簡単に説明します。

5グループ程度に分かれて、皆さんの会社では、この1年でどのような動きがあったか、働きかけを行ったか、等、情報の共有をしていただきます。

現在抱えている悩みに関しても、共有して下さい。

その後、グループごとに発表。

発表された各社の内容に、意見や、質問がある場合は、質疑応答を行います。

他社事例の情報は、自社へ持ち帰り、社内で情報の共有を行っていただきたいです。それぞれの会社で、さらなる1アクションを興こすキッカケにしたいと願っています。業界の、働き方改革に繋げていきましょう。

★ラウンドテーブル後は、希望者を募りランチ交流会の開催を検討中。(自費)

※補足説明

<ママパパラウンドテーブルテーマの進化>

2017 悩みの共有

2018 ↑プラス、何か新しい行動を興してみよう!

2019 ↑プラス、変化が起きたことの共有/ゲーム業界へ働きかけを行う一歩へ!

■昨年挙がった課題として以下の例がありました

〇ワーパパの悩み

「男性育休を取りたいが、会社で前例がない」

「子どもが病気だから帰る、ということに理解が得られない」

〇上司、経営者の悩み

「評価の部分をどうしていくべきか悩んでいる」

「育児で勤務時間が減る人と、現場で全力で働いている人を同等に評価していいのか。他社の事例を知りたい。」

解決策やどういった活動が有効なのかをディスカッションし、勇気を共有することで今後の行動に繋げられるようなラウンドテーブルにしたいです!

茂呂 真由美

株式会社セガゲームス

エンタテインメント事業本部 第4事業部

もっと見る

<講演者プロフィール>

●コンシューマーゲーム開発デザイナーとして入社
『AZEL -パンツァードラグーンRPG-』フィールドデザイン/モデリング
『スペースチャンネル5』コンセプトアート/キャラクターデザイン/モデリングチームリーダー
『スペースチャンネル5 パート2』アートディレクター
●ソニック公式ポータルサイト「ソニックチャンネル」(2005~2009ディレクター)
●手描きソニックシリーズ担当(企画原案/ディレクター/アートディレクター/原画作成)
『そにっく・ざ・スケッチほっぐ』『そにっく&ているす空中散歩』『そにっく じゃんぷ』
●auスマートパス(企画原案/ディレクター/アートディレクター/原画作成)
『ばくばくアニマル』『ばくばくカメラ』
●テレビーナ(ディレクター/アートディレクター)
『ARタッチ わんちゃんがやってきた!』『ARタッチ しまじろうのえいごアクティビティ ABCパークであそぼう!』
●セガゲームジャムTシャツデザイン(2017/2018)
●現在『D×2 真・女神転生 リベレーション』SNS系担当

●登壇歴
ゲーム業界で働く女性の交流イベント「Unity Women in Gaming : Tokyo」(2018/09/20)
https://meetup.unity3d.jp/jp/events/683

<受講者へのメッセージ>

コンシューマーゲーム開発出身、新卒入社ワーママでは最年長。
お子さんを持つワーママの先輩方はいましたが、皆さん何年か経つと辞めていかれました。
子どもを育てながらでも、安心して働き続けることができる、働き続けたいと思える職場とはどんな環境でしょうか?
会社が変わるのは時間がかかることかも知れません。しかし、誰かが動かないと、変わることはありません。
職場環境改善のため、私たちにできることは何でしょうか?
一緒に考え、協力し合い、それぞれの自社を成長させていきませんか?
後に続く、後輩たちのためにも。
今、一人一人が、動く必要があると考えています。できることから、一緒に始めてみませんか?
ラウンドテーブルの結果をそれぞれの職場に持ち帰り、新しい行動を興す、最初の一歩の手助けになればと思い、去年に続き企画しました。
現ワーママ、ワーパパだけでなく、将来設計に漠然と不安を抱いている若い方々も大歓迎です!
閉じる

鈴木 こずえ

株式会社セガインタラクティブ

コンテンツ研究開発本部

デザイナー

もっと見る

<講演者プロフィール>

アーケードゲーム開発でモデラーをしています。小3の娘の母。テレワークのテストに参加中。今年はPTA役員になりました。『Virtua Fighter4』『Quest of D』『SEGA GOLFCLUB』『セガネットワーク対戦麻雀MJシリーズ』などを経て、現在は『Fate/Grand Order Arcade』で3Dキャラを担当。2010年に娘を出産したとき、所属の部の開発メンバー女性では最初の例でした。そもそも少なかった女性の先輩方は、業務が多忙すぎて出産を考えると退社されていました。10か月後に復職。周囲の方、上長、そして夫の理解と協力の元ラッキーなことに続けてこれたなぁ…と思っています。
●登壇歴
ゲーム業界で働く女性の交流イベント「Unity Women in Gaming : Tokyo」(2018/09/20)

<受講者へのメッセージ>

2017年CEDECWMラウンドテーブル後『何かできることがあるかもしれない!』と考え、部内WMと連携し産休育休ロードマップページを作成、社内公開。ご希望のあった会社様に一部提供もさせていただきました。SGCの茂呂さんをはじめとしたグループ会社のWM/WPと連携し、Teamsでセガグループ全体のWM/WPコミュニティ立ち上げ、セガサミーグループ全体を挙げて取り組んでいる「働き方改革プロジェクト」に対して開発現場からの意見を取りまとめて提出等、できるところから取組んでいます。昨年度のCEDECワーママ・ワーパパラウンドテーブルを開催。今年2月にSICも大崎オフィスへ合流。セガサミーグループ各社のWM/WPさんとの交流、連携を深めています。ゲーム業界で働くママ、パパ、プレママ、プレパパさん、これから子供が欲しいと思われている方、また上長、人事の方へも育児と働き方についての情報や悩み、解決策を共有し、子育てをするママ・パパたちのより働きやすい環境につなげていきたい!と考えています。
閉じる