自由に移動できるVRゲームにおけるプレイヤーの誘導、こうやってみました


講演形式
ショートセッション
講演時間
09月05日(木) 14:50 〜 15:15
資料公開
予定あり
受講スキル

・VRタイトルをご自身でプレイしたことのある方

・VRタイトルを開発したいと考えている方

得られる知見

・VRタイトルにおける総合的な演出検討の指針

・VRでやっていいこと、いけないことの基礎

セッションの内容

このセッションでは、VR空間内を自由に移動できるタイプのゲームにおいて、いかにプレイヤーの行動を制御しゴールまで導くかという課題をどのように解決したか、実例をもとに説明します。

加えて、VRゲームに没入するために必要な『没入感』や『納得感』を上げるために行った、世界観を含めた演出についても取り上げます。

カテゴリはAC分野としていますが、ゲームデザインやサウンドまで幅広く演出のお話をする予定です。

今回はDeNAが研究開発しTGS2018やLAVAL VIRTUAL 2018にも出展した謎解きアドベンチャーVRゲーム『VoxEl(ボクセル)』を実例としてご紹介します。

永田 峰弘

株式会社ディー・エヌ・エー

ゲーム・エンターテインメント事業本部

ゲームデザイナー

もっと見る

<講演者プロフィール>

サウンドクリエイターを経てゲーム業界にプランナーとして入り、2011年にDeNAに入社。モバイル、スマートフォン向けタイトルを中心に企画、ディレクションを担当。
複数タイトルの企画面を横断でサポートしつつVRの研究開発に着手。2018年にハイエンド向けVRゲーム『VoxEl』を開発、TGS018やLAVAL VIRTUAL 2018に参考出展。本タイトルではプロデューサー、企画、シナリオ、サウンドを担当。
酒粕から作った甘酒がすきです。

<受講者へのメッセージ>

『VoxEl』開発中に試行錯誤したこと、またTGS2018などで試遊していただいた際に得られた知見を元に、VR開発の初歩的な注意点から、VR空間内でのプレイヤー誘導、また納得感や没入感を高めるために実装した内容をご紹介します。
受講していただく皆様にとって、より楽しいVR体験を作るための手助けになればと思います。
閉じる

高橋 宏典

あまた株式会社

代表取締役社長・プロデューサー・ディレクター

もっと見る

<講演者プロフィール>

国内ゲーム会社4社、韓国ゲーム会社2社でディレクター、プロデューサーを務める。これまでにアーケード、コンソール、PCオンライン、モバイル、VRと、幅広いプラットフォームでの開発を経験。株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(当時)在籍時代にディレクター、プロデュサーを担当したゲーム『どこでもいっしょ』は、マルチメディアグランプリ1999通商産業大臣賞(グランプリ)、第4回日本ゲーム大賞など多数の賞を受賞。現在は、ゲーム開発会社の経営をしつつ、VR脱出アドベンチャーゲーム『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』のディレクションも行う現役のゲーム開発者。

<受講者へのメッセージ>

VRゲームを作る際の演出など、『VoxEl』の開発で得た経験を共有できればと思います。
閉じる
共同研究・開発者  共同開発者代表 髙橋宏典(あまた株式会社)