コンテナ環境の新たなセキュリティの考え方 -DevOpsからDevSecOpsへ


講演形式
レギュラーセッション
講演時間
09月04日(水) 11:20 〜 12:20
資料公開
予定なし
受講スキル

開発部門、インフラ部門、運用管理部門のみなさま

得られる知見

開発者、運用管理者にお薦めのツールやその活用方法

セッションの内容

DX、そしてDevOpsへの取り組みを進める中で、コンテナ技術は避けて通れません。コンテナは、ソフトウェアを導入する際のスピードと機敏性を高めるために非常に有効なソリューションであるためです。しかし、コンテナではその構造や運用特性により、従来のアプリケーションのセキュリティとはアプローチが異なるため、NISTではコンテナ環境に特化した、独立したセキュリティフレームワークが作られています。

本セッションでは、コンテナ環境の特性や特異性を解説しながら、DevOps、DevSecOpsの考え方とともに紹介いたします。

野原 峰彦

マクニカソリューションズ株式会社

技術部第2課

主席

もっと見る
閉じる