次世代機開発におけるIPv6実用のために必要な環境構築・検証・調査手法

講演形式
チュートリアル
資料公開
予定あり
受講スキル

- IPv6開発・検証のためのネットワーク構築に関わっていて、アドレス管理/DNS・ゲートウェイ情報配布の方式について、どれを採用すべきか悩んでいる人、もしくは、特定機器のIPv6通信が不安定になる等のトラブルに直面し、悩んでいる人

- 「Happy EyeBalls(RFC 8305)」「CDN/MEC(5G)におけるIPアドレス/DNS依存のEdge Control」「独自/SDK内部のデュアルスタック実装」が動作する機能の開発・検証おいて、特定のIPバージョンに絞ったデバッグやトラブルシュートが適切に行えずに悩んでいる人、もしくは、低コストで出来ずに悩んでいる人

- 異なる時間・場所において、プロトコルに応じたIPv4/IPv6の短期・継続的メトリクス計測を、低コストでカジュアルに行えるツールを探している人

得られる知見

- 新しいOS/ハードウェアでIPv6が適切に動作するネットワーク環境の構築手法、既存IPv6環境で動作しない場合に確認すべきチェックポイント

- デュアルスタック実装行った際にチェックすべきポイントとその際のデバッグ・検証手法

- 様々な場所におけるカジュアルな IPv4/IPv6 x プロトコル別 メトリクス測定手法

- "IPv6はあくまでOptionで、IPv4で動けばいい" というネガティブな姿勢からの脱却