現実空間をレベルデザインする。建築・都市領域と共創することで「新しいアソビ体験を生み出す手法」とゲーム開発者の新たな領域と役割について

講演形式
レギュラーセッション
資料公開
予定あり
受講スキル

ARやMR(Mixed Reality)が主題の講演となりますのでVR/AR/MRの違いなど基礎知識がある方を前提に講演します。昨年のセッションをCEDiLで参照頂けますと幸いです。

https://cedil.cesa.or.jp/cedil_sessions/view/2011

得られる知見

現実空間を設計できる手法について、ゲーム開発の視点と建築・都市の視点双方向から紹介することにより、聴講者の視野の拡大と開発したデモを通して、ゲーム開発者として、ゲームに閉じない役割を紹介し新たな知見や世界観を得られるようにしたいと思っております。