第9会場

8月23日(金)

15:00 〜 16:00

session_format.PanelDiscussion

公募

ゲーム開発過去資料の保存の最前線を語ろう!

三宅 陽一郎 外山 雄一 牧野泰之 奥成 洋輔
セッション分野
BP(ビジネス&プロデュース)
セッション関連分野
PRD
セッション難易度
対象プラットフォーム
コンシューマ、 アーケード、 PC、 モバイル
受講スキル
特にありません。本セッションに来て頂き、ゲーム開発資料の保存について興味を持って頂くのが目的です。
得られる知見
ゲーム開発資料保存の活動のあり方、具体的な保存のノウハウ、活用事例、保存活動を通じて社会的な広がりなどをご理解頂けます。
写真撮影 / SNS投稿
通訳の種類
なし
お気に入り登録 アイコンについて

セッション内容

それぞれの企業におけるゲーム開発過去資料は、各企業において保存されているが、産業全体において、必ずしも良い保存状態で保存されているとは言い難い状況にある。それらの資料は、日本のゲームの歴史を正確に体系化し、世界に発信する意味でも重要な資料である。本セッションでは、ゲーム開発企業4社が集まり、それぞれの立場におけるゲーム開発過去資料の保存と活用について報告しディスカッションを行う。ゲーム開発資料保存は、ゲーム産業全体の各企業で保存・公開されていくことで、社会におけるデジタルゲームの文化的価値を高めることにつながる可能性を持つ新しい展開である。これまで日本のデジタルゲームの歴史を築いて来たゲームの開発資料の世界的な重要さと、その具体的な活用方法について知見を共有を目指すものである。

講演者

共同研究者・開発者

坂田 新平(株式会社スクウェア・エニックス AI&エンジン開発ディビジョン)