インタラクティブセッション

公募

IP軸ゲーム開発に特化したAI活用プラットフォームの現場における導入【プラットフォームのUI体験あり】

國安 雄
セッション分野
PRD (プロダクション)
セッション関連分野
キーワード
AI/ML QA
セッション難易度
受講スキル
ゲーム開発・コンテンツ開発におけるAI活用に興味のある方。特に、開発現場に携わり、実際の現場へのAI導入を考えられている方。AIの知識が無くても開発にAIを導入したいと考えている方。
得られる知見
ゲーム開発・コンテンツ開発におけるAI活用について留意すべき点と実際の活用事例。AI活用プラットフォームによるゲーム開発へのAI導入の方法。
写真撮影 / SNS投稿
通訳の種類
なし
お気に入り登録 アイコンについて

セッション内容

昨今、ゲーム開発・運用のコストは大きくなり、開発の長期化も課題となっています。そんな中、AI技術の進歩に伴い、生成AIのゲーム開発への導入の取り組みも拡大しつつありますが、開発現場での実用化には様々な課題があります。例えば、生成のクオリティや、コンテンツにパーソナライズするためのAIの再学習、学習素材の著作権保護、AIのアウトプットと開発現場の作業工程とのギャップなどの課題が挙げられます。ドリコムでは、このような課題を解決し、開発現場においてより安心してAIを使うことのできるためのAI活用プラットフォームの開発に取り組んでいます。
ドリコムが開発するAI活用プラットフォームは、最先端のAIモデルを開発するベンダーと開発現場を繋ぐと同時に、HITL(ヒューマンインザループ)のシステム構造により、IPに適したAIの再学習ができることが特徴です。これより、IP毎に開発現場に実用が容易な精度までにカスタマイズされたAIを育て、開発チーム全体で使用することができます。
本セッションでは、このAI活用プラットフォームについて、その機能や社内での導入実践事例を紹介するとともに、実際にUIに触れ、AI活用を体験することができます。

講演者