トピックス スポンサーリスト昨年のCEDEC お問合せ 個人情報保護 サイトマップ

基調講演
協賛セッション
レギュラーセッション
プログラミング
ビジュアルアーツ
ゲームデザイン
プロデュース
サウンド
モバイル
ネットワーク
ビジネス&ロウ
海外トラック
CEDECラボ
ラウンドテーブル
PRセミナー
展示コーナー


VA スクウェア・エニックスのフェイシャルアニメーションへの取り組み
Sponsored by SOFTIMAGE
9月11日(木) 13:00〜14:20
■セッション概要
受講レベル 中級
受講スキル アニメーションの基本をある程度理解している方。簡単なスクリプトをかける方。
セッション内容 このセッションでは、講演者の二人が、どのようにインゲームキャラクターのフェイシャルアニメーションに取り組んだかをお話します。 前半では、モデルのトポロジー、スケルトン/コントロールリグの例と手法について述べます。 後半では、英語と日本語の音声サンプルを使ってフェイシャルアニメーションのワークフローを紹介します。 人間が発音するときの形を、どのようにして任意の言語に適用するかの簡単な知識を示します。
■講師プロフィール
ジェームス・ウィリアムソン

株式会社スクウェア・エニックス
開発部
デザイナー
現在、未発表タイトルでモーション・デザイナーを務めています。
岩ア 琢也

株式会社スクウェア・エニックス
開発部
デザイナー
現在はザ・ラスト・レムナントでリード・フェイシャル・アニメーターを務めています。

←セッション一覧へ戻る

Copyright (c) 2008 CESA. All rights reserved.